バイクは下取りと買取、どちらに売るのがオススメ?

新しいバイクに買い替える際、今あるバイクを売却する方法として下取りと買取との2つの方法があります。それぞれに特徴が異なりますので、利用に適した方法を選んで利用する事が大切です。 まず、下取りはバイクの販売店に売却する形になります。売却したいバイクを査定してもらい、下取り価格を新車購入の代金に使える方法です。売却と購入を1つのお店で一度に行えますので、面倒な手続きがありません。バイクを新車と交換するような形で入手できますので、切れ目なく乗り続けられるのも優れたポイントです。ただし、下取り価格がそれほど高くはならないのがデメリットになります。 買取の場合は、バイク買取の業者に売却する形になります。比較的、買取価格が高いのが最大のメリットと言えるでしょう。ただし、買取業者を探す為に、多少の手間がかかるデメリットがあります。同じ車両でも、業者によって買取価格は大きく異なります。この為、少しでも高く売却しようと考えるとお店探しや比較検討の手間がかかるものです。また、新車と交換する訳ではありませんので、バイクに乗れない期間が生じるのもデメリットと言えるでしょう。 これらのように、2つの売却方法は同じ様に見えて特徴が異なります。簡単に利用できる便利で安心の取引を望むなら下取りが、手間をかけてでもより高く売却したいなら、買取の方法がおすすめです。